e-探偵料金表ガイド

HOME > 浮気調査は専門家への依頼が一番と

浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は逆

浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は逆上してしまう危険性があるのです。どんな人でも、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が多く報告されています。
無事に解決するためにも、確かな証拠を得るためにも、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。
 探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは 自分で買うことができるかといえば、買えます。一般的には、追跡グッズはGSP端末を使用することが多いです。でも、これはいかなる人でもネット等で購入可能です。
車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。



浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。


実費とは具体的には交通費や写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査員の食事代が足されるケースもあるかもしれません。

時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用が算出されます。
短時間で調査を完了すると支払い額も安くなります。探偵事務所のなかでも料金表が成功報酬のところは、調査に成功したケースでしか調査料金表が発生しないという不安要素があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金表を請求されます。そのようなケースも勘案した場合、成功報酬のシステムだからと言って、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。どこまで調査してもらえるのか調査内容などもよく確認して、信頼できる料金表システムを提示している探偵事務所に依頼することが重要なのです。

法律の中で、夫婦関係にある人が婚姻関係にない人と自分から男女の関係にいたることを浮気といいます。ということは、法に従えば、男女関係に発展していなかったら一緒に出かけたりしても、浮気とはいえないということになります。自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。
しょっちゅう同じ電話番号から電話が掛かってきていたりまた電話をかけ直していたりするとそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性がある程度間違いないと思われます。その後、その電話番号の持ち主を割り出せますね。

そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手と電話をしたあとにしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。



携帯電話の通話履歴から浮気の証拠が掴めるのです。


浮気相手への連絡手段として携帯をごく自然に使われるからです。
最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡をことも増えていますが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。

そのため、何気なく電話することは十分考えられます。不倫をされてしまったら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。



しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、家庭内で別居している状態であったり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。
慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、何歳であるか、何年結婚しているかなど全体的にみて裁判官の決定を待つことになります。パートナーが浮気していると分かっても夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気相手との逢引現場に向かうのはしないほうがいいでしょう。

浮気の事実を突き止められると妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、かえって、離婚という結果を招いてしまうかもしれません。また、浮気相手と接触してしまうと、大きなストレスになってしまうのです。



配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、法外に低料金表だったり、逆に高い料金表設定であったりするところではなく、明瞭で詳しい料金表設定がなされており、事後に追加料金表を支払わなくて良いような探偵会社を選択するのが良いでしょう。



そして、探偵社として必要な許可を取得しているのか事前に調べておくべきです。法を逸脱した調査をしている探偵社には依頼しないように気を付けましょう。


ラクダ
Copyright (C) 2014 e-探偵料金表ガイド All Rights Reserved.