e-探偵料金表ガイド

HOME > 実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいな

実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいな

実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、普通は3〜4日が目安です。覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも一般的なケースです。
調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあり得ます。


逆に、浮気する可能性の高い日がもう分かっているなら、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。


奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んで惨憺たる状態になるのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、相手を刺したり、殺してしまうサスペンスドラマも少なくありません。浮気の現場を直接つかまえるのもやり方の1つでしょう。別れるつもりがあるならば、問題ないかもしれません。自分でいろいろするよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。経験豊富な探偵に依頼したら、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。
自分で手を尽くして調べてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。だからといって、パートナーを責めてみても、頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件で離婚できません。



そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。



運転する人の目につかないところにGPS端末を装着して、移動の様子を常時監視し、現在地を把握したり、データログを後から読み出し分析することもできます。



車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。



これで相手がどこをどう移動して、そこで過ごした時間もわかるでしょう。レシートやクレジットカードを確認すると浮気のことがわかるものをつかむ事もできる可能性があります。まず、普段は入らないようなコンビニのレシートをいつも見かけるようになったら、その周辺に習慣的に向かっていることになるでしょう。
そこで見続けていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。



尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵の尾行時間が短い方が、お金がかからなくなります。
よって、探偵に尾行依頼をするなら、相手の日々の行動を調べ上げることが重要です。

その中で、最も怪しい時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵のほうも手間が省け、お互いにとってメリットのある依頼になります。



自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのか決めかねますよね。

まずは落ち着いて、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。

夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。実際、もう離婚になってもいい、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。
しかし、単独で行くのは、揉める元なので、止めておきましょう。信頼する人に付いて行ってもらえば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。


心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵に依頼するのがベストだと思います。
カーナビにより浮気の事実を証明できます。カーナビから履歴を確かめ、浮気相手と車でデートしたところを見つけられるのです。


履歴があまり見たことない場所であった場合注意する必要があります。

そして、何度ももし給油していたら、デートに車が使われている場合があります。


本人に気づかれないようにして、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、必要とされる技術および機材があります。
せっかく撮った浮気現場の写真も、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠にならないのは仕方の無いことです。



浮気を探偵に調査してもらうなら、超小型のカメラを用意するなどして全く気づかれずに十分証拠となる写真を撮ることができます。
ラクダ
Copyright (C) 2014 e-探偵料金表ガイド All Rights Reserved.