e-探偵料金表ガイド

HOME > カーナビにより浮気があるという証拠を見つける

カーナビにより浮気があるという証

カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。こっそりとカーナビにある履歴を見て、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられる場合があります。

履歴が見慣れない場所であった場合注意が必要です。


そして、何度も給油されていた場合、車で会っている可能性はゼロではありません。同一電話番号から電話を頻回に電話が掛かってきていたり電話番号があるとしたらその相手が浮気相手であるという可能性はある程度間違いないと思われます。

そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を見つけ出せばいいのです。しかしパートナーの方が一枚上手ですと、浮気相手との電話が終わったら電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。

コミュニティ型のWebサイトを通じて浮気の事実が明るみになることもあります。
コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるのでパートナーも注意が足りずに、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事がありがちでは、ないでしょうか。中には、浮気をカミングアウトする様な証拠をネットに公表している場合もあるのです。アカウントを認識しているのなら調べてみて下さい。

ケータイの通話履歴から浮気の証拠がつかめます。
なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に当たり前のように使われるからです。

近年、メールやラインで連絡を取ることが多くなりましたが、好意を持つ相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。


そのため、何気なく電話することは否定できないのです。


生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵に依頼する際には、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を前もって協議します。1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査期間が長期になればなるほど調査費用が高額になるでしょう。
調査する人の所属するオフィスにより、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。
食事をした際に店で発行する領収証には定食の数から一緒にいた人の数が特定できるように記載されている事もあるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。

かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は月々チェックするようにします。出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、浮気相手と宿泊した想像されてしまう事があります。



探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。実費としては調査の際にかかった交通費とか証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査の際の食費が上乗せされることもあるようです。そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用を算出します。
調査にかかる時間が短いほど費用も安くすむわけです。
探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。当たり前のことですが、調査員が1人であれば安く、多いほど高くなります。
また、尾行する際に移動のために車やバイクを使った場合、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認が大切です。
今までと違った格好をするようになったら、危ない予兆です。

趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかもしれません。
ある日から、服装が年相応でない色や柄のものをセレクトし出したら、非常に危険です。


その中でも特に、趣味の良い下着を身につけるようになったら、浮気の可能性もかなり高いです。
いくら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間だったとして調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査は成功したということになってしまいます。
実際のところは不明確であっても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査についてはそこで完了し、成功報酬としての料金表を請求されます。

ラクダ
Copyright (C) 2014 e-探偵料金表ガイド All Rights Reserved.