e-探偵料金表ガイド

HOME

浮気調査に必要な期間は、平均で3〜4日

浮気調査に必要な期間は、平均で3〜4日かかるといわれています。最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的な期間です。浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあるのです。逆に、浮気する可能性の高い日が調査員に伝えられていた場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。

ご自身での浮気調査がオススメできない理由は頭に血がのぼってしまう場合があるのです。自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?実際の密会に居合わせてしまうと自分を見失ってしまうケースが多く報告されています。

貴方自身のためにも、何よりも、証拠を入手するために、浮気調査は是非とも探偵にご依頼ください。成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、調査期間が3日間しかなかったとしたらその3日間だけ浮気をしていなければその調査は成功したということになってしまいます。
実際に浮気があったとしても、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、浮気の証拠がつかめないまま、浮気調査は終了してしまい、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。

探偵事務所のなかでも料金表が成功報酬のところは、最終的に成功した調査でないと報酬を得られないというリスクがあるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。

そのようなこともありますので、成功報酬の方が、浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。
どこまで調査してもらえるのか調査内容などもよく確認して、信頼できる料金表システムを提示している探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。信頼できる探偵事務所を選びたいときには、ネットなどで口コミを調べるといいでしょう。



ここで重要なことは、探偵事務所が運営するホームページに記載されているような口コミではなくて、全く関係のないところが運営する掲示板や相談サイトにある口コミを確認するようにしましょう。探偵事務所の関係者以外による口コミは、信頼性が高いのは明白です。せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者自身が焦ったりして、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって浮気調査が困難になり、失敗という結果に終わることもあるでしょう。浮気調査を探偵に依頼しても、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。
成功報酬にするのかどうかについても、契約書を作る際にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。探偵料金比較をしたうえで、ここなら大丈夫と思った探偵に頼んで浮気の証拠を掴む事が可能です。相手がおかしいと思った時、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。しかしながら浮気の証拠を自力で集めようと思っても、相手に感づかれてしまう可能性は低くないでしょう。

はっきり言ってその理由は、顔がばれてしまっているからです。

探偵に浮気調査をお願いして、しっかりとした確証が得られれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。
不信感を抱いてしまった相手と人生を一緒に歩むのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。
さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を請求すると別れさせることも難しくはありません。探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。


実費は交通費、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用が算出されます。調査にかかる期間が短くて済めば請求金額も少ないです。不倫した二人に慰謝料を請求するほどに怒り、行動するのなら、まずは相手のことを知らなればなりませんし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を手に入れなければ駄目です。

しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、疑いようもなく誰にも認められる証拠を捉えてくれますし、適切な形で裁判にでも通用するように、整えて貰えます。

探偵事務所を探す方法としては、ネットなどで口

探偵事務所を探す方法としては、ネットなどで口コミを調べるといいでしょう。
当たり前のことですが、その探偵事務所が運営するサイトに掲載されている口コミなんかではなく、全く関係のないところが運営する掲示板や相談サイトにアップされている口コミをチェックするといいでしょう。


該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、信頼性は高いものになるはずです。



車の目立たない場所にGPS端末を取り付けておいて、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、移動中の所在を確認したり、記録されたデータを後で読み出し行動を確認することができます。
普段、運転しないような人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。

これで相手がどこをどう移動して、滞在した時間も割り出すことができるでしょう。
探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。実費は交通費、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査中の食費が加わることもあるようです。一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、計算した費用です。浮気調査を行う期間が短ければ請求額も少額となります。不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまでになることもあります。
離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、金額は少なくなってしまいます。

それに、不倫した相手が浮気を否定するケースでは必要なのは証拠です。どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が不可欠です。不倫をされてしまったら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。

ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、仮面夫婦と化していたり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料を請求することができません。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、あなたの年齢、結婚歴等いろいろな事を鑑みて裁判官の決定を待つことになります。探偵が行う浮気調査でも失敗したりするようです。


探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、成功しないことが少なからずあります。パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。


加えて、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠を掴みきれません。



探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。当然のことですが、調査員が1人であれば安く、多くなるほど高くなります。
また、尾行の時に移動のために車やバイクを使った場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認が大切です。
興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、変わりはほとんど無いと言っても言い過ぎではありません。

両方とも、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな似たような仕事をしています。
とはいっても、どちらかを選ぶとしたら傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。

着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、怪しいです。浮気相手の趣味に合わせたものであったり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかもしれません。
突如、年よりも若めの色柄の格好着るようになってきたら、相当に危ない予兆です。

服の中でも、きれいな下着を着るようになってきた時は浮気をしている場合が多くあります。
法律上では、既婚者が婚姻関係にない人と自分から肉体関係を持つことを不倫とよびます。


すなわち、法律の上では、肉体関係を持っていなれば、食事や遊びに行ったとしても、不倫ではありません。
自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。
ラクダ
Copyright (C) 2014 e-探偵料金表ガイド All Rights Reserved.